ホーム > 一般歯科

一般歯科

出来るだけ削らず、痛みの少ない治療を目指しています。

患者様と話しているイメージ

【削らない治療を心がけている理由】
例えば、「歯を削らない治療を心がける理由を1つ述べよ」と問われましたら、私はこう答えます。「歯を長持ちさせるため」です。
できるだけ少なく削ったほうが、歯は長持ちします。
これは間違いありません。
削ったものは元には戻りません。皮膚と違って歯は再生しないので、削ってしまったら何かで埋めなければなりません。
人工物を入れると、人間の体はそれを受け入れるか受け入れないかで具合が悪くなる場合があると思います。
削れば削るほど、歯の中の神経までの距離が近くなり、中に対するダメージが強くなるので、できるだけ広い範囲は削らない。それから深く削らない。
私が治療を行う際にもっとも気を使っているところです。


【痛くない治療を行うために】
当院では、安心して治療を受けていただくためにきちんと説明してから治療を始めます。
麻酔をする際には、痛みを和らげるために表面麻酔をし、表面の感覚を鈍くします。
そして、細い針・温めた注射液、治療する歯によっては電動注射器を使用します。
いらっしゃった患者さんには「こんなことやってもらったのは初めてだ」と言われることがあります。

当院では、最新機器レーザー式の検査装置(ダイアグノデントペン)を使用しています。

当院では、虫歯の早期発見を目的としてダイアグノデントペンを使用しております。歯を気づ付けずに早期発見ができるので、患者様からも安心できると嬉しいお言葉もいただいております。

【ダイアグノデントペンを使用している様子を動画に納めました。よろしければごらんください。】
 

歯肉が痛い・血が出るという方へ 〜歯周病治療の案内〜

歯肉の痛みなどで苦しむイメージ

ひょっとしたら、それは歯周病かもしれません!

歯周病は、初期段階ではほとんど痛みがなく気付かない方が大半です。
つまり、痛いと感じるという方は重度の症状かもしれません。歯ぐきには多くの毛細血管が通っていて、炎症を起こしている歯肉に強い力が加わると出血します。放っておくと口の中に膿がたまり、痛みが激しくなってしまいます。善は急げです。ちょっとした症状でも見逃さないで、ご連絡ください。

歯周病治療について

●初期の歯周病の場合
スケーラーを使用したスケーリング
歯の縁についた歯垢・歯石を取り除きます。

●中等度の歯周病の場合
歯肉縁下歯石除去を行います。歯周ポケットの奥深くに溜まった歯垢・歯石を取り除きます。

●重度の歯周病の場合
歯茎を切開して歯の根っこに溜まった歯垢・歯石を取り除きます。(歯周外科処置

タバコのヤニや口臭が気になる方へ

ヤニや口臭が気になるイメージ

【「たばこは吸わない!」から始めましょう。】
歯科としてはまず、「たばこは害なので、吸わないでください」ということです。
実際にたばこを吸っている方は歯周病になりやすく、歯周病の治りもすごく悪いです。
当然、歯の表面が汚れますし、ヤニが沈着して磨けないので、歯の表面がデコボコになります。歯垢や汚れがいっぱい着きますから、虫歯にももちろんなりやすいです。たぶん一番いやなのは、舌や頬の内側の粘膜の部分などにできる口腔粘膜のガンです。扁桃、喉頭は歯医者の領域ではなくなってしまいますが、これもかなり確率が増えます。
そういう意味でまず「たばこを吸わないでください」というのが前提になります。


【プロのヤニ取り】
このところ多いのは、「3、4年前に禁煙できたんだけど当時はすごく吸っていたので歯が真っ黒なんだよね」という方です。
ここでさっきのヤニの問題が出てきます。ヤニ落としに関しては、私たちに任せていただければほぼ完全に落ちます。
落とし方にはいろいろとありますが、今では歯磨き粉を付けて電動ブラシなどで磨く事が一般的になっています。
昔は粗い研磨剤の歯磨き粉で歯の表面をヤニごとバリバリ削ってしまうものでした。クレンザーでステンレスの流し台をこすっているのと一緒で、きれいになるけれどよく見るとスリ傷でいっぱいになってしまいます。
今は、ナノレベルの研磨剤が出てきており、もともとの歯より磨いたあとのほうがツルツルになります。2種類の研磨剤を使い分けることで、歯を傷めずにヤニを取ることができます。
しかし、これは家では絶対にできません・・・。ヤニ取りは、自分でお金を払って通販を試すのもいいですが、私たち歯医者にお任せいただければ安全・安心、確実にヤニを落とすことができます。